業者が教える急なトイレのつまりの解決方法

業者を呼べない時間でも安心

つまりを解決するポイント

つまっているものによって、つまりを解消する方法を変えてください。 トイレットペーパーなど水に溶けるものだったら、バケツから水を流し入れることで解消できます。 ゆっくり水を入れてください。 つまっているものが溶けるまでは、水を流さないように注意しましょう。

何が詰まっているのか知る

トイレットペーパーやティッシュが詰まっている場合は、溶かすことで解消できます。
バケツなどで、水を流してみましょう。
一気に、水を入れるのではなく、少しずつ入れることがコツです。
また水がかなり便器内に溜まっている時は、水を流しても
つまっている部分まで届かないかもしれません。
それでは意味がないので、まずは便器内に溜まっている水を出してください。
排水溝まで、バケツから流す水を与えられるぐらいの水位がベストです。

ぬるま湯を使うことも効果的だと言われています。
冷水よりもトイレットペーパーやティッシュが溶けやすくなるでしょう。
しかし、熱湯は使用しないでください。
触ってもヤケドをしないくらいの温度で大丈夫です。
またこの時に、洗剤や重曹をお湯に溶かすもっと効果的だと言われています。
重曹はよく他の科所の掃除にも使うので、自宅にストックしている人が多いと思います。
洗浄剤を使っても良いですが、買いに行くのが面倒な人もいるでしょう。
まずは重曹を試してください。

お湯を流してもつまりを解消できない場合は、ラバーカップを使ってください。つまりを解消する道具として、ラバーカップを想像する人が多いと思います。
そのぐらい一般的な道具になります。
つまりを解消した表紙に、周囲に水が飛び散る可能性があります。
汚れないよう、便器周辺にビニール袋を敷いてください。
排水溝に向かってラバーカップを下ろして、ゆっくり引き抜くとつまりを解消できます。

より効果的な方法を知ろう

冷水よりもぬるま湯の方が、トイレットペーパーなどが溶けやすいと言われています。 ぬるま湯を用意できるなら、そちらを使いましょう。 さらにぬるま湯に、洗剤を溶かすと効果を倍増できます。 洗剤がない家庭は、重曹でも構いません。 掃除に使っている重曹でつまりを解消できます。

ラバーカップという道具

どうしてもつまりを解消できないは、ラバーカップという道具を使います。 ホームセンターや、最近は100均やドラッグストアでも売られています。 正しく使用しない状態がひどくなるので、よく説明を見てください。 事前にラバーカップを買っておくと良いですね。

Topへ
戻る▲