業者を呼べない時間でも安心

この記事をシェアする

つまりを解決するポイント

水を流して解決しよう

バケツに水を汲んで、少しずつ便器内に流してください。
するとつまっているものが溶けて、無事に解決できると思います。
この方法は、トイレットペーパーやティッシュなど水に溶けるものが詰まっている時に利用できる方法です。
水を流していると、どんどん水位が高くなります。
すると不安で、水を途中で流してしまう人が見られます。

しかしつまりが解消されれば自然と水位が減って、通常に戻ります。
それまでは、水を流さないでください。
途中柄水を流すとさらにつまったり、水が逆流して周辺に水が飛び散ってしまう可能性があります。
自分の力で解決することで、余計な費用も発生しません。
まずは業者を呼ばないで、自分の力で頑張ってください。

かなり水位が高い時

水位が高い時に水を流しても、排水口まで届きません。
つまっているものが溶けないので、水を流している意味がありません。
排水口まで届くよう、水を少し出しましょう。
水を流して、直接排水口に届くぐらいの水位になったら大丈夫です。
水を流すだけの方法なので、素人でもできるでしょう。

トイレは、いつつまるかわかりません。
深夜につまることも考えられますが、その時間では業者が来てくれるのが翌日以降になるケースが多いです。
翌日まで、トイレが使用できないのは困りますよね。
トイレを我慢していると身体に良くないので、すぐつまりを解消させてください。
落ち着いて対処すれば、簡単に解決できると思います。
冷静にバケツに水を汲んでください。


Topへ
戻る▲