業者を呼べない時間でも安心

この記事をシェアする

より効果的な方法を知ろう

効果的な方法を実践する

ぬるま湯を使用することで、早くつまりを解消できと言われています。
お風呂の残り湯などがあれば、それが良いですね。
ぬるま湯なら良いですが、熱湯は絶対に使わないでください。
熱湯を便器に流し込むと、便器がヒビ割れる可能性があります。
ヒビが入ったら、もう素人では直せないので業者の出番です。
専門的な業者を呼んで修理や交換をするので、費用が高額になります。
余計な出費を増やさないためにも、ぬるま湯を使うことを必ず守ってください。

40度から50度ぐらいのお湯がちょうど良いと言われています。
それ以上の温度になると、便器に悪影響を与えるので控えてください。
トイレのつまりを解消する時は、そのような注意点もあるので理解してください。

洗剤を溶かして流そう

ただのぬるま湯よりも、洗剤を溶かしたお湯の方がつまりを解消させることができます。
効果を増幅させたいなら専用の洗剤を使ってください。
しかしトイレは、急に詰まるものです。
自宅に洗剤がなかったり、買いに行く時間も確保できないことが考えられます。
重曹があれば、それを活用しても良いでしょう。
重曹とお酢を混ぜて、お湯と一緒に流し込んでください。

掃除の時に使う重曹で構いませんし、お酢も調味料のもので大丈夫です。
重曹はどんな時にも活用できるので、ストックしておくことをおすすめします。
またトイレは、どんな場合でもつまります。
古いトイレだけでなく、新しくしたばかりのトイレでもつまることがよくあるので、油断しないでください。


Topへ
戻る▲