業者を呼べない時間でも安心

この記事をシェアする

ラバーカップという道具

正しいラバーカップの使い方

トイレの排水口の部分に、ラバーカップを押し付けます。
スキマができると効果が半減してしまうので、ゆっくり押し付けてスキマを失くしてください。
そして、勢いよく引っ張るという作業を何回か繰り返します。
するとつまっているものが取れるので、水が無事に流れるようになるでしょう。

比較的この方法だったら、短時間でつまりを解消できます。
困った時に助かるので、ラバーカップを持っていた方が良いでしょう。
いつつまっても良いように、トイレに用意してください。
またこの時も便器内の水位が高いと、水が溢れたり飛び散ったりする危険性があります。
多少水位を減らしてから、使用することをおすすめします。
正しい方法を使わないと意味がないと覚えておきましょう。

周囲にビニール袋を敷いておこう

水位を減らしても、水が飛び散る可能性があります。
ラバーカップを使っている時は、特に注意しなければいけません。
水が飛び散ると、その後の後片付けが大変になります。
予防するために、ビニール袋を敷いておくと良いですね。
便器の周辺にビニール袋を敷くと、水が飛び散っても床が汚れることを回避できます。

つまりを解消できた後は、ビニール袋を剥がして処分すれば良いだけなので、後片付けが非常に簡単になります。
トイレが狭い場合は、壁にもビニール袋を貼ることをおすすめします。
新聞紙やチラシを敷いたり貼る人が見られますが、水が飛び散った時に洩れるので床や壁を守れません。
ビニール袋を使って、トイレ内の環境を守ってください。


Topへ
戻る▲